日常の進捗

行為と記録とその習慣化

noiseとrandom

noiseとrandomは三角関数と同様手癖で書くProcessingでは、非常に便利な道具。

  • noise:与える引数(時間)に応じて、0-1揺れる連続的な数値を生成してくれる
  • random:与える引数を最小最大の範囲にして、不連続的な数値を生成してくれる

動きがある部分に使う場合はnoiseのように連続的であったほうが動きとしては違和感がない。逆に、何かを生成・初期設定する場合はrandomで散らばらせるような方が面白い効果が期待できる。蓋然性(probability)もrandomで表現することができる。

下のプログラムでは、マウスのクリックでノイズでの揺れの動きをオンオフできる。